2008年08月28日

ヤフーセミナー

ホームページ作成会社「ちらし屋ドットコム」さん主催の

ヤフーセミナーに行ってきました。

YAHOO!JAPAN 開発部部長の小澤富士男氏が講師を務め

ネットショップのはじめ方から売上アップのノウハウを話され

ネットビジネスの初歩を知ることができました。


中でも他サイトとの差別化の部分は非常に参考になり

当社が現在作成している学生専用の賃貸マンションのホームページに取り入れました。

このセミナーで話されていた差別化の具体例の一つに

「梱包命」と銘打って自動車のタイヤのホイールを発送する際の

「梱包風景をスライド方式でホームページに掲載している」というものでした。

僕は、自動車には興味がないのですが

確かに、好きなアーチストのCDなどを買うときは

梱包状態は非常に気になります。

梱包風景を写真で見ることができれば安心です。


では、この方法を学生専用の賃貸マンションのホームページにどう取り入れたかというと

「学校までの通学路の風景写真をスライド方式で見せる」です。

通学路は交通安全を願う親にとって重要なことですよね。

実際に入居となれば下見に来られて見ていかれるので意味がないように思いますが

これだけ細かなことにも気を使っているのだというアピールにもなるからです。


一見意味のないことでも視野を広げると絶大な効果があるということがよく分かります。



実際に学生さんが安全に生活できるよう神経を注いでいるのですが

それをアピールしない以上、誰にも伝わることはないと思います。

表面に出さず「私は陰でこれだけ気を使っているのですよ」と

縁の下の力持ちもいいのですがアピールするということも大切なことですね。


セミナーの後半ではネット通販で成功されている方を迎えて

パネルディスカッション形式で

苦労話や成功の秘訣などを聞かせていただきました。

生の情報に触れることができ、とても有意義なセミナーでした。

そのパネラーの一方が僕が参加している岐阜県中小企業家同友会主催の

インターネット部会の部会長 近藤浩史氏です。


株式会社 文化社の社長で看板を生産販売しています。

ニッチなキーワードからの集客を得る目的で

多店舗展開に力を入れているそうです。

ネットで○千万、会社全体では○億の売り上げを達成されているそうです。

こういった「経営のプロ」に出会えたことは貴重な財産です。
posted by 猿渡 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

行動すれば次の現実

社長の仕事は組織作りである。

勝てるビジネスモデルを作りシステム化することが

会社を発展させる必要条件です。


ネットを通じてマーケティングとキーワードの感性を養いながら

リアルで会社経営に勢力を注いでいるといろいろ見えてきます。

今までクヨクヨ悩んでいたことなんて小さなことでした。

「行動すれば次の現実」

これは尊敬する石原明氏の言葉です。

posted by 猿渡 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 高収益トップ3%倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

イヤな仕事はするな!

最近、従業員に「イヤな仕事はしなくていい」と言っている。

現実には、イヤな仕事をしなければ会社が維持できないのですが

イヤな仕事をしていても会社の発展はないと思う。


あくまでも、僕がそう考えているということなのですが

仕事というものは人に喜ばれて「嬉しい」と感じた時に

初めてやりがいを感じるもので

早く、従業員全員にそれを味あわせてやりたい。
posted by 猿渡 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

職人気質

ここ最近、読んだ本にはどれも、

「経営者があくせく働いていてはいけない」と書いてある。

確かにそうである。


以前お世話になっていた社長も口癖のように僕にこう言っていた。

三流の経営者は体を使う。

二流の経営者は頭を使う。

一流の経営者は人を使う。



経営者がどれだけ頑張っても同じ人間なのだから

能率にさほど差があるわけではない。

せいぜい頑張ってもパートさんの1.5倍が限度である。


パートさん達と同じ仕事を経営者がすることは

会社経営を放棄しているのと同じだ。

それなら経営者として勝てるビジネスモデルを見つけ

チームを上手くコントロールし先を見据えたプランを

構築することに時間をかけた方がいい。


しかし、職人気質な社長である親父は

汗を流して一生懸命現場で働くことを望んでいる。

経営者としての仕事をさせてもらえない。


親父に自分の考えを理解させ情報化時代に乗ることが

今の僕の大きな課題である。


時間を経営者として使わなければ勝てるわけがない。
posted by 猿渡 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

小さな会社の次期社長

僕は、製造業を営む小さな会社の次期社長です。

このところ、仕事が安定せず仕事に振り回されている自分に

嫌気がさして来ています。

どんどん物価は高くなるのに、コストは下がるばかり

このままでは、いけないと感じています。


それじゃあ、どうしたらいいのでしょう。


しっかり目を見開き目標を決め行動する。

現状維持をしていたら会社は潰れる。
posted by 猿渡 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。